窓は大事

Read full article | コメントは受け付けていません。

開口部からの熱の出入りはどれくらいあるかご存知でしょうか。
冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、換気・外壁15%、窓58%です。
そして、夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。
この数字を見ても分かるように窓などの開口部の日射遮蔽は重要です。
日射遮蔽性や断熱性が悪ければ、夏も冬も開口部を通して大量の熱が出入りしてしまいます。
省エネルギー性基準において強化されたものに、窓の日射遮蔽性や断熱性があります。
窓を複層ガラスや断熱サッシにすることによって、窓の断熱性能を大幅に改善することができるのです。
我が家は断熱性の高い樹脂サッシに遮熱高断熱Low-E複層ガラスを採用しました。
これは2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたものです。
この特殊金属膜は太陽光線のなかで、可視光線を最大限に透過させ、赤外線・紫外線を大幅にカットします。
夏のギラギラ照り付ける日差しや窓辺の不快な熱気をしっかりとカットします。
今までの1枚の板ガラスに比べて約5倍もの日射熱をカットするパワーがあります。
夏は太陽の熱を大きく反射するため冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮して、室内の暖かさを室外に逃がしにくくするので暖房効果の向上にも役立つのです。
また、冬場の窓ガラスに発生する嫌な結露を大幅に抑制します。
結露抑制はアトピーの一因と言われるカビやダニの発生を抑えるので、健康な住空間を作り出す要素となります。
快適な暮らしを得るためにも、外気温に左右されることなくエコな暮らしを送るためにも窓に注目した家造りを行うことが大事なのです。

家事のしやすい和室

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家の和室は、一体感のあるLDKに隣接する形で設けられています。この和室は家事のしやすい空間になっています。それは、この和室に家族みんなの衣類を管理できるファミリークローゼットを設けました。和室にこれを設けたことで帰宅して部屋着に着替える際にも着替えがスムーズに行え、着ていた上着もサッと片付けることができ、リビングに脱ぎっぱなしの上着が散らかることも減りました。

また、和室では洗濯物をたたんだり、アイロンがけをすることが多いこともあり、ここにファミリークローゼットを設けたのです。たたんだ洗濯物やアイロンがけをした衣類をスムーズにしまうことができるため、家事の効率も高まっています。この和室は、リビングの先に設けたウッドデッキへと行き来を行えるように動線を確保しています。このウッドデッキ部分には洗濯物干し場を設けており、洗濯物を取り込み→たたみ→しまうという作業が一か所で行えるのです。

そして、和室の天井には室内物干しを設けているため、悪天候時や夜洗濯を行った場合などこの室内物干しを利用しています。また急な雨の時や、洗濯物を取り込んでもすぐにたたむことができない時はこの室内物干しに洗濯物を移動させます。スムーズに室内物干しへと移動できるので衣類が濡れることもありませんし、ぐしゃっと洗濯物を置くのではなくここにかけて一時置きできることで衣類にシワも入りません。

和室でこれらの家事を行いながらもリビングで過ごしている子ども達の様子がしっかりと把握できるので、安心して家事を行えることができています。この和室はとても家事のしやすい空間となっているのです。

あたたかな浴室を目指そう

Read full article | コメントは受け付けていません。

寒い冬は、お風呂に入りたくなくなるものです。特に一番風呂はヒヤッと冷たい印象を抱くためみんな避けがちです。昔から「年寄りに一番風呂は良くない」とも言われています。暖かいところから寒いところに入ると、急に血圧が高くなり、ショック症状を起こすのがヒートショックと呼ばれるものです。このヒートショックで年間17000人の人が亡くなっていると言われており、浴室での高齢者の事故を防ぐためには、浴室を寒くしないことが大切なのです。

そこで浴室全体をスッポリと断熱します。昔のコンクリートにタイル張りの浴室は、冬は凍えるような寒さでした。今のユニットバスは、浴室全体を断熱材ですっぽりと覆う構造にすることができるのです。断熱材を壁、天井、床と浴室全体に張り巡らせば、魔法瓶のように熱の出入りを防ぐことができます。特に熱が逃げやすい部分には特殊なガラスを採用して温かさを逃さないようにしておくといいのです。

また、浴室の天井に浴室換気暖房乾燥機を設けておくのもいいでしょう。この予備暖房を使用すれば一番風呂でもヒヤッと冷たい感触がなく暖かい浴室が広がります。ヒートショック対策としてこれを設けておく家庭も多いのです。入浴時間がまちまちという家庭も多いです。全員が入浴を終えるまでに浴槽のお湯が冷めてしまうこともあるのです。

今は床下の冷たい空気を遮断するとともに、浴槽全体を断熱材で覆い、お湯の温度が下がりにくくなっています。断熱材が入ったフタを併せて使用することで、遅く帰宅したパパもお湯が温かいまま入浴することができるのです。あたたかい浴室で冬でも快適な入浴タイムを過ごしたいものです。

きれいな片付けを長続きさせる方法

Read full article | コメントは受け付けていません。

片付けてもすぐに散らかってしまってはがっかりです。片付けやすさを優先した整理収納のプロの技を取り入れて、長続きする方法を学びましょう。

引き出しは開けたらすぐ使える
探さずすぐ使えるためには、引き出しを区切ります。キッチンではフライパンや鍋のフタは、A4サイズのマガジンボックスに立て掛けて収納します。手前の空いたスペースには、ペン立てのようなプラケースにピーラーやフライ返しなどを挿して並べます。洗面所では仕切りのついたプラケースや小さなケースを組み合わせ、こまごましたものを立ててしまいます。

普段履きの靴は立てて収納
子どもの靴やカジュアルな大人用の靴は、箱やプラケースの中に立てて収納すると、スペースが節約できて、しまえる靴の量が増えます。きれいなケースなら、玄関のタタキに出しておき、家族もその中に入れるようにすれば、散らかりません。

また読む本は棚の手前に置く
本棚の奥行きに余裕がある場合は、手前のスペースを利用します。プラカゴやお菓子の空き缶に、これから読む本と読みかけの本、あるいは古本として手放す本を入れて手前に置き、奥の本を出すときは入れ物ごと引き出します。

細かい物は片付けステーションに
玄関の下駄箱カウンター、ダイニングキッチンカウンター、洗面カウンターなどの動線上に、カゴ、トレイ、お皿などを置き、また使うからとちょい置きしがちな小物を入れる定位置にします。

ゲーム機は使う場所近くの特等席に
DVDやゲームソフト、ゲーム機は、カゴをテレビの近くに置き、入れるだけにすれば、子供も簡単に片付けられます。おもちゃや読みかけの雑誌、やりかけの編み物なども、その場でカゴに入れて片付けましょう。

スタディーコーナー

Read full article | コメントは受け付けていません。

子どもがよりよい環境で勉強できるようにとスタディーコーナーを設ける家庭が今増えています。子ども達が勉強をする場所は二階に設けた自室ではなく、家族が身近にいるリビングやダイニングです。そこに子どもが勉強に集中できるスタディーコーナーがないと食事をするダイニングテーブルやリビングのローテーブルを利用して勉強しなければならなくなります。食事をするテーブルに消しゴムのカスが散らかるのは衛生的に良くありませんし、ローテーブルだと身長に合わず無理な姿勢となり勉強への集中力も欠けてしまうのです。

そこでしっかりとスタディーコーナーを設け、生活のメリハリをつけながらも勉強がしやすい環境を整えたいと考える親御さんが増えているのです。我が家にも将来的に使用するであろうスタディーコーナーをダイニングの窓際に設けました。キッチンの前に広がるダイニングスペースの壁際には、子ども達が二人並んで勉強ができる横幅のあるカウンターを造り付けました。

カウンターの両サイドには天井まで広がるオープン棚を設けているため辞書や参考書などをしっかりここに整理しておくことができます。コンセントはカウンター上部に二か所設けており、スマホやタブレット、ゲーム機などの充電に便利です。手元部分をしっかりと照らしてくれる照明も設置して、文字が読みやすく勉強のしやすいスペースとなっています。カウンター下にもオープン棚を設けているので、学校の机のように勉強道具をサッと一時置きしたり、パソコン関連用品などを収納できています。

子どもが使用しない時にはパソコンスペースとして利用するため、パソコン関連用品や書類などを整理できるスペースがあると、利用しやすいだけでなく、カウンター上部がスッキリと片付けられ便利です。キッチンから子どもの勉強姿を見守れますし、親子で会話しながら勉強ができるのです。

小屋根裏収納

Read full article | コメントは受け付けていません。

二階の1/2未満のスペースであることと、天井高1.4m以下であれば床面積に含まれず二階建てとして設計できる魅力を活かすと同時に、屋根裏というデッドスペースを無駄にせず有効活用した小屋根裏収納を取り入れる家庭は多いです。

無駄なスペースを有効活用するというメリットがあるだけでなく、下階の居住スペースを狭くすることないというのも人気の理由です。小屋根裏収納と言うと急こう配なハシゴで行き来をして薄暗くて、夏は熱がこもり暑くて過ごせないという印象を抱く人も多いでしょう。どうせ設けるならこのようなデメリットを解消して、より便利で使い勝手のいい空間にしたいものです。

まず急こう配なハシゴでの行き来は、若い時は利用できても高齢になると利用できませんし、危険性も高まります。そこで固定階段で行き来できるようにするのです。階段で行き来できることで大きさのある物や重さのある物を収納しても出し入れの際に体に負担をかけにくくなります。また行き来のしやすさから収納スペースとしてだけでなく、趣味を楽しむスペースやパパの憧れの書斎スペースとして利用させることもできるのです。

屋根は直接日が当たるため熱の影響を一番受けやすい場所です。屋根の真下にある小屋根裏も同じことが言えるのです。そこで屋根断熱を取り入れ、室内とあまり変わらない小屋根裏を作り出すのです。また、窓を設けて風の通りを確保しておくのも忘れてはいけません。湿気や熱の影響を受けないような環境にすることで色の変化がおきやすいものも安心して収納できますし、兜や雛人形なども収納しておくことができるのです。屋根裏を上手に活用させたいものです。

収納

Read full article | コメントは受け付けていません。

家造りを行うほとんどの人が、収納を充実するためにしっかりと計画を立て、必要なものが必要な場所にきちんと収められるようにすることと思います。十分は広さや収納力を確保することももちろん大事ですが、加えて収納内部のつくりや収納場所において目を向ける必要がありますし、物を出し入れするしやすいようにしておくようにすることで収納の使い勝手の良さが高まります。出す・使う・しまうシーンをしっかり想像しましょう。

我が家はクローゼットにはできるだけ掛ける収納を増やしました。掛ける収納が充実していることで、洗濯物をたたむという作業も簡略化できますし、衣類がシワにならずに管理できます。また、洋服がどこにあるかが一目で把握できるのも便利です。また、リビングに設けたリビング収納内には、一部分にポールを設けていつも着用する上着を一時置きできるようにコートクロークを設けました。リビングにいつも脱ぎっぱなしの上着が散らかっており、その光景を見るたびイラッとしていました。このストレスを解消するためにリビング収納内にコートクロークを設けたのです。

いつも過ごすリビングの収納スペースに一時置きスペースがあるので子どもも自分の衣類を掛ける様になりました。上下二段にポールを設け、大人用と子ども用のコートクロークとしたことも良かったのです。また、パントリーはあまり奥行をとらず浅型にしました。奥行きがあることで、小さな食材は奥に隠れてしまい気づいた時は賞味期限が切れていたということも起きてしまうのです。浅型なら物を把握しやすく出し入れもしやすいのです。収納もしっかりポイントを押さえて設けると使い勝手の良さが増すのです。

ママの居場所

Read full article | コメントは受け付けていません。

家事や育児に追われるママは多いです。それに加えて外で仕事を抱えているママも多く、マイホームで過ごす時間は、ホッと安らげて自分の時間を大事にできるスペースがあると嬉しいものです。そこでママの居場所となるスペースを、家事の中心であるキッチンから近い場所に設けてみてはいかがでしょうか。

キッチンからより近い場所に設けておくことで、家事の合間のちょっとした時間を有効的に利用できるのです。煮込み料理の煮込んでいる時間にホッと一息コーヒーを飲んで休憩するにも最適です。家事の合間の休憩スペースとしてだけでなく、裁縫をしたり、家計簿をつけたり、子どものスケジュールを管理したりとデスクワークすることも多いです。これらを行う作業スペースとしても活躍してくれるのです。子ども達に邪魔されることなくこれらの家事を行えると家事の効率も高まります。

パソコンを使用したり、スマホを充電したり、足元にヒーターを設置することを考えてカウンターの上部と下部にコンセントを設けておくといいですし、夜でも作業が行いやすいように照明を設置しておくことも忘れないようにしましょう。これらの家事や休憩をしながらリビングで過ごす子ども達にきちんと目が行き届くため、安心して互いの時間を過ごすことができます。自分の居場所があることでマイホームへの満足感も高まりますし、自分の時間を大切にできるのです。ぜひママの居場所を設け、家事や育児をより楽しみながら行いましょう。

土地選び

Read full article | コメントは受け付けていません。

家造りはまず土地を探すことから始まります。なかなかいい土地が見つからず家造りが一向に進まないという友人も多いです。自分達に合った土地を探すためには、まず家を建てる目的を明確にしましょう。永住するための家を造るのか、いずれは住み替えるつもりでいるのかで選ぶ土地も変わってきます。

家を建てる目的と共に、土地に求める条件に優先順位を付けることも忘れてはいけません。人によって土地に求める条件は変わってきます。通勤や通学の利便性を重視する人もいれば、日々の暮らしに欠かせないスーパーや銀行、病院が充実している方がいいという人もいます。閑静で治安がいい土地を望む人もいれば、土地の広さを重視する人もいます。人によって土地に求める条件は変わってきます。

そのため新しい家で暮らしの中心となるものは一体何なのかということを整理しておくことが大切です。自分自身のライフプランをしっかりと考えることで、土地に求める条件が自然と見えてくるものです。土地に求める条件に優先順位を付けておけば地域が絞られてきて、土地選びが進めやすくなるのです。

気に入った土地が見つかれば実際にその土地を自分の目で見て確かめましょう。それも一度や二度ではなく、朝・昼・夜の時間帯ごとにはもちろん、雨の日や晴れの日など気象条件の異なる日にも見てみるといいでしょう。様々な角度から土地を見ることで、見えない部分が見えてきたり、近隣住民の雰囲気なども見えてくるでしょう。家造りを成功させるにはまず、最高の土地と出会うことが一番だと思います。

中二階スペース

Read full article | コメントは受け付けていません。

先日訪れた親戚宅には一階と二階を繋ぐ階段の途中に中二階スペースを設けていました。中二階スペースは多目的に使用できる便利なスペースとなっていました。小さい子どもから大人まで使える中二階スペースにするには、一階のLDKからも中二階スペースに目が届き、中二階スペースからは一階のLDKが見渡せるようにするのです。このように互いの空間にしっかりと目が行き届くことで、キッチンで家事をしながら中二階スペースで過ごす子どもの様子が把握できます。家事と育児の両立がしやすいのです。

ここをキッズスペースとして利用して、子ども達が成長した時にはスタディコーナーとしても活用できます。子ども達も一階を見渡せば、親の顔が見れるので安心して自分の時間に集中できるのです。ここをキッズスペースとして利用すれば、リビングにおもちゃが散らかりにくくなるのも片付けをするママにとっては嬉しいです。子どもが使用しない時は、大人が使用してもいいのです。ここでパソコンをしたり、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり家事スペースとして利用してもいいのです。

旦那さんの憧れでもある書斎スペースとして利用させるのもいいでしょう。このスペースを多目的に使用できるようにするには、空間に合わせてピッタリのカウンター設けておきます。子どもがお絵かきをしたり、勉強をしたり、パソコンや読書スペースなど色々な用途でこのカウンターを利用できます。

そして子どものおもちゃやパソコンなど使わない時は片付けられる収納スペースまで完備されているとよりいいと思います。広々としたスペースでなくても物がきちんと片づけられることで狭さや圧迫感は感じにくいのです。二階で過ごす家族との一体感も感じられ中二階スペースには魅力がたくさんあるなと感じました。